本郷和人『壬申の乱と関ヶ原の戦い』同じ場所の理由から日本論へ

本郷和人『壬申の乱と関ヶ原の戦い』同じ場所の理由から日本論へ

歴史に関する新書本で一番面白いのは仮説を提起して好奇心をくすぐるものだろう。一般論としての概説書やよもやま話の集積と言ったものではおもしろくない。ワンイシューで引っ張っていってくれる新書はおもしろい。それも短くコンパクトにまとめられた、流れるような文体で最後まで一気に読めるほうがいい。

本書は帯にも磯田道史の「久しぶりに面白い歴史書を読んだ」というのがある。その通りだろう。

何が面白いのは種明かしてはおもしろくないミステリーと同じなので、辞めておこう。直感的にタイトルを見てわかることが、ハイ正解です。

新聞書評などでは、種明かしをやってしまうのだろうけれど、ここでは触れない。

読了後に抽象化された日本論へ着地するのであるが、それを信じていいのかどうかはわからない。本郷和人の解釈なのだろうが、なんとも落ち着かないのはやはり運命決定論的に説得させられてしまうからだろう。そんなリアリズムがあるとともに、いやそうじゃないという心の叫びがある。

日本が外圧によってしか動かないというのはあまりに情けないと思うのは僕だけなのだろうか? 世襲による社会の固定化が本流だとすれば、日本はいつまでたっても自立できないということになる。

まあ、これは読了後の感想で本文とは関係ないけれどね。

歴史の好きな方は、好奇心をそそられるからよんでみたらいいと思う。そしてあれこれ考えてみることは楽しい。

PS

異論というわけじゃないが、壬申の乱については、坂口安吾の「新日本地理」を知っているので、関ヶ原の地でないかもしれないと思うとそもそも論が崩れるので複雑な気分だ。むろん、安吾の仮説は同じ土俵で戦えるような仮説ではないので、まったく関係ないのだけれども、古代史の通説が変わればこれも変化するだろう。

コメントの入力は終了しました。