関裕二『図解「邪馬台国」の謎を解く』 簡便な手引書

関裕二『図解「邪馬台国」の謎を解く』 簡便な手引書

関裕二については何度か触れている。日本古代史ですこし踏み込んで自己解釈の諸説をのべると「それでは関裕二だ」というらしい。それほど、信ぴょう性が少ないという意味なのだろうが、大胆に予測することは悪いことではない。むしろ、何が正しいのかということを論争によって決着すると考える吾人には批判の対象かもしれないが、日本古代史は論争によっては決着しないし、解決もしない。どこまで蓋然性があるかという点まででしかない。むしろ、その説にひらめきがあるか? という点で読めればいいのだろう。

有名な邪馬台国論争もどちらが勝利するかという点に面白さがあるわけではなく、妥当な見解への手さぐりにあるのだ。大胆に予測してみることは、あくまで議論のたたき台としての価値はは十分にある。

そんなな関裕二の綱要書のようなこの本はコンパクトにまとめてあって、手じかな参考書になっている。

さて、そうだとするなら、先回の孫栄健の『「邪馬台国」の全解決』はどう映るだろうか?まず、所在地としては九州北部説であり、かつ句奴国はヤマトの勢力になる。

また、投馬国は、サツマというより、出雲か吉備ということになるだろう。

2~3Cにかけての日本列島の大きな勢力としてはやはり北部九州、出雲、吉備、ヤマトにあることは遺跡のおおさからいっても間違いないだろうからだ。なぜ、魏志が触れなかったのかというと、北部九州以外の勢力は、中国の王朝の権力を利用するという発想がなかったからだろう。

また、逆に邪馬台国(北部九州)も投馬国(出雲)も『日本書紀』では神話として取り込んだということもできる。ヤマトは統一した勢力ではなく、なんども入れ替わりに入り込んできた勢力の競い合いの場であった可能性が高い。もし、邪馬台国が東遷したのであれば、当然その功績を史書に遺すだろうからだ。

コメントの入力は終了しました。