番外編  書評ほどつまらぬものはない

番外編書評ほどつまらぬものはない

書評なんて読んでも仕方がない。その本の内容をてっとり早く知りたいなら、ネット検索でもしたらいいので、読む必要はない。

むしろ、読書なんて自分の常識を覆し坐り直すぐらいの衝撃がないとつまらないだろう。

こんな書評のようなブログをしていて顰蹙ものだが、そう思う。試しに書評集のような本を読んでみるといい。すぐに飽きてしまうから。

むろん、僕の書いているものは内容を評価するものを書いているわけではないので、書評ではない。得手勝手に感想を書き散らしているのだ。読んで欲しいと思っているわけでもなくて、カタルシスになっている。僕はこう読んだというだけのものなのだ。

自分のための読書ノートのようなものになっている。

「ふーん、あいつはこんな馬鹿げたこもを言っている」と酒の肴にでもしてくれたらいいのだ。

書評というものを利用しようとすらなら、自分の読んだ本を他人さまはどう評価しているかと知ることに利用すればいいだけのことだと思う。自分が読んでもいないような本についてはどうでもいいのだ。そうじゃないだろうか?

コメントの入力は終了しました。